feed

下松工業と練習試合して軽くボッコボコにされたった話

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » 下松工業と練習試合して軽くボッコボコにされたった話

2022年11月30日

滅多になかったことやってんけど、下松高校グランドに下松工業が来て練習試合やったことが現役中1度ある。もう新チームなってたね。2年やったか3年やったか忘れたけど。

工業のハンドボールコートって砂場やったのよ。知る人ぞ知る砂場。ドリブルなんざつかれへん。あれで毎日ハードな練習・・・そら強靭な足腰なるし速攻とか津〇みたい。

それでうちの監督がゴネたかどうかは知らんけどこっちのグランドで練習試合。

うちはもう相手が工業やから(またボコられるんやろな)ってテンションダウン。

案の定、前半5分くらい粘ったけどあとは打たされて守られて速攻くらっての繰り返し。

ボッコボコよね。工業の選手は全員知ってる。同じ中学や隣の中学の奴らばっかやもん。そいつらが全然ヘラヘラせず弱いうちを相手に一切手抜きせず。

まあ当たり前か。

Y監督めちゃ怖いから(笑)

あ、当時の話ね。この先生は僕らの中学の大先輩。凄い人。

怖いけどなんかボクは好きやったんよね。中学の頃から面識あって少しアドバイスとかもらった事があったからかもね。

試合終わってうちは「は~終わった。ぶちえらいでよ」ってダラダラ~とコートサイドへへたり込む。

工業はすでにコート半分使って練習開始(汗)そら勝てんわ。

しばらくしてキーパー練習になった。壁3人の上からロングシュートを打ち込んでくるのをセーブするやつね。

工業のY監督から「おーい、敬三」と声が掛かってギクッ。

「はい」ってダッシュで行ったら「手伝ってくれ」と。工業のエース格M(同じ下松中でやってた選手)が右利き。ボクは左やったから。

Y監督「先に3本決めた方が勝ちな」

ってなぜか一人で工業の練習参加。競争することになった。

この時の工業のキーパーはH。1つ下。彼がねぇ

県内のキーパーで一番苦手。ホントうまい。

最初のシュートは引っかけの上でバコーンと決めた。

結構ええシュートやったから、周りでボール拾いしてくれてる工業の後輩たちが「おぉ!」とか言うてくれて。

なんか調子乗って(3本で終わらしたる)とか思ったけども

ここから全然入らん。全部取られる。

手足の長いGKでメチャメチャ反応がええから全部じっくり見られて反応でバッチンバッチンやられる。空中で溜めたシュートはほぼ全部やられた。クイックでなんとか・・みたいな。

何本打ったやろ?全然入らんから途中壁の横からサイドハンドで打ったりして。Y監督に「せこいの~~(苦笑)」とニヤニヤされながら終えた時にはヘッロヘロ。

試合と試合後の練習でボッコボコにされたという話。

ちなみにこのGKのH君、今うちの会社にちょこちょこ仕事で来てくれてます。



所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2023 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.