feed

ハンドボールで初めて泣いた話

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » ハンドボールで初めて泣いた話

2022年7月2日

歳をとってすげえ涙もろくなっておりますが、たぶん大学の頃からかな、感情がすぐ高ぶってグズッてなるのは。

それまでは部活でほとんど泣いた事ない。中・高とハンドボールやってたけども、中学の時はそこそこ強くてね(歴代レベルでいくとアカンけど)

でも県で優勝しても全国大会で優勝チームに負けた時(チーム唯一の敗戦)も、嬉しい・悔しいはあっても涙が出るほどではなかったのね。

高校の時はあまり勝てなくて。正直3年の時はベスト4すら入れなかった。あの代は岩陽(今の岩国総合)がトップ、続いて下松工、下関中央工、岩国高やった。

一度チャンスあったんやわ。ベスト4かけて下関中央工とやった時。延長で負けた。内容はマジで勝ってた。

延長でノーマークを3本キーパーに捕られたヤツがおってそいつのせいで負けた。

アタスですm(__)m

チームのみんなに申し訳ない気持ちでね。でも泣くとかって感情じゃなかった。

泣いたのは高校3年の夏。インターハイ山口県予選。グランドは岩国工業グランド。いわゆる〈負けたら終わり〉の大会。

2つ勝ってベスト4かけてシード校の岩陽が相手。ここ3年が2人しかいない。他みんな2年。でも強いの。

負ければ引退の試合、なんか神がかってて。中学から一緒にやってたTとMの2人がガンガン決めてなかなかの接戦。

(岩陽に下松が・・もしかしたら)みたいな変な盛り上がりになってきて違う学校の選手が応援してくれたり。正直もっとボクが決めとけば・・・という(ここでもか(-_-;))

結局2点差で負け。途中追いついたりしたんだけど・・・ここまで追い詰めたのは初めてで、向こうの監督さんも試合中凄いゲキ飛ばしてたから(いつもは楽勝過ぎてドッシリ座ってらっしゃる(笑))

徳山高や徳山商のヤツらから「もうちょいじゃったじゃん!」「お疲れ!」って声かけられて・・・これ伏線やった。

トイレ行ってみんながいるとこに戻る前になんか足が止まって。岩国工の敷地内の木陰になってる誰もいない通路のど真ん中で座り込んでしもて。

頭からタオルかぶって(あーあ)ってなってたら正面から岩国工の監督されてる青木先生が歩いてこられて。

背が低くてだいぶおじいちゃん監督(失礼)。山口県でハンドしてたらみんな知ってる偉大な人で、今の岩国工も青木イズムよね。

ただいつも怒ってるイメージが強くてちょっと怖かったんだわ。直接お話させていただいた事もないし。

「ちわ」って挨拶したものの、

(あ、やべぇ)道路の真ん中に座ってたからなんか言われる・・・と思って「すいません」ってすぐ立って脇によけたらあの青木先生がニッコリ笑って

「惜しかったのう」

しゃべった事無かったし予想外の言葉やった。

「あ・・はい」としか言えなくてペコッと頭下げたら急に(ぐっ)って・・

青木先生の前で泣いてしもた。顔がグシャっとなってもうて。中・高とハンドだけやってたようなもんやから最後青木先生に言葉かけてもろて・・・感極まった。

チーム関係なくいろんな方から声かけていただいてホント有難い事やと思う。

今ね、先生の体罰ばっかクローズアップされてるけど先生も生徒も行きつく思いは同じなんよね。強くなりたい勝ちたい。その一点のはず。

体罰はけして容認できるもんやないけど、部活をやる以上はみんなベストつくして最後までやり抜いてほしいと、途中で辞めるって考えてほしくない、こうおじさんは思うちょります。

もう今はね、自分自身がプレーして感極まるみたいな事にはならへんけど、ちょいちょいスポーツドキュメント見て(ぐはっ(T_T))ってなっとります(笑)





所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2022 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.