feed

かき氷の話

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » かき氷の話

2022年7月4日

才木お帰り!5回無失点。良かったなぁ(T_T)

次は島本の番やで。はよ上がっておいで(この投手もトミジョンやってる)

さてさて。ちょっと台風近づいてます。あまり影響なければいいね。少し気温落ち着いてくれたらええんやけども。

猛暑でNHKも注意喚起してますな。熱中症には十分気をつけなきゃですね。

身体を冷やすのはアイスクリームやかき氷がよろしい。

かき氷(この話・・・前に書いたっけ?わかんね(笑))この単語、我が中京大レッドパンサーズ(現在イーグルスに改名)出身者はちょっと「む?」ってなる。

夏の合宿。初日の夕飯時、先輩のごはんをよそう。「大盛やで」「はい!」たっぷりよそって「どうぞ」で自分のんをまあまあ多めによそって先輩の正面へ着席。

いただきますの号令を待つ間に先輩が「それちょっと貸してみ」とボクのどんぶりを指さす。「あ、はい」と差し出したらその上に先輩の大盛をカパッ

「え???」っていうシーンが食堂のあちらこちらで発生(-_-;)

通称「かき氷」

1年は身体を作る!ということで基本かき氷×2。ボクらラインメンは一番身体がでっかいとこなのでかき氷×3(地獄)

まあ食べきれへん。×2まではなんとかたどり着く。×3は(泣)

夕食時間終わって食堂に残る数人の1年(ボクも残の一人)。肘をついてうなだれる者、椅子にグデェ~っともたれてやや上をみつめる者・・

共通点は口いっぱいにごはんが入ってるというね。そいつら全員ロッキーチャックのごとくホッペタぷっくり(爆)

食べ終わった同期が余力なんて無いのに少しずつ助けてくれたり、優しい2年生が「おま、それちょっと貸してみ」ってガバガバッと食べてくださったり(泣)

もうね、ホント噛み方忘れる。どうやって呑み込むんやった?って。人間の生命維持システムがわからなくなる・・・。

今はかき氷システムないそうです。安心して入部してちょうだい(^^)



所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2022 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.