feed

シバタのパン&懐かしいポカリのアレ

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » シバタのパン&懐かしいポカリのアレ

2022年10月25日

小学校までは給食。

中学校・高校と弁当。この切り替えが嬉しかった。給食って旨い時もあればそうでない時(というか嫌いなメニューの時)もあったっしょ。

なによりほとんどパンやったのが不満やったの。やっぱり米食いなんやろね。

オカンにはほんと6年間ビッチリ弁当作ってもろて。有難いよね。

その有難みを棚に上げてケンカして・・・・オカンも頭にきとるのに弁当だけは作ってくれて。

1回ケンカした次の日、前の晩のおでんの残りが入っとって汁が漏れてカバンの中がワヤになったけど(笑)

かまぼこ切らずにフライパンで焼いてドーンと入ってたこともあったなぁ(-_-;)

弁当の隙間埋めるのも大変よね。1度だけ息子が高校時代(野球部)弁当を作った事がある。作った?埋めた?埋めたやな正確には。

奥さんがいない時で、料理はできんからセブンイレブンで色々買ってエグイ金額の弁当になった(泣)それでも埋まらへん。デカすぎんねん箱がっ!

そんな感じで(どんな感じや(-_-;))弁当は嬉しかったんやけど、無いものねだり的なことが起きる。

中学の時ね、土曜日とか昼で終わりますやんか。そのまま家には帰らず部活突入。

土曜日ごく稀に弁当休みで500円もらって「昼はパン買いんさい」って日があった。

あんだけ給食で「パンじゃから」とか言うてたくせにね。学校の近くにある「シバタのパン」に行くのがすげえ嬉しかったのよ。

部室で食うパンが旨かったよなー!まあ単純にシバタのパンが旨かったのもあるけども。

ある土曜日にI先輩とパン屋で一緒になって。確かI先輩が高校1年、ボクが中3の時やったと。

ボクは例によって500円分のパンとジュース買った。I先輩は「コレコレ、これ飲みたかったんちゃ」と当時新発売のポカリスエットの瓶タイプのヤツを買ったの。500ちょいくらい入ってる当時では画期的な(笑)ヤツ。

今考えたらポカリとパンて・・(笑)と思うけどお金に余裕ないボクは買えない。ええなぁって羨ましげに見てた。

自動ドアから出てきてI先輩がそれ飲もうとプルタブでパコッと開くやつを引っ張ったらツルッと。パリーンと。

「わっ!」「あっ!」ついでに自動ドアが閉まる前やったので中のおばちゃんも声には出さず(!)って顔。

店の前にジワ~と広がりゆくポカリ。

「オレのポカリが~・・オレのポカリが~」って割れたガラスを拾うI先輩。手伝うボク。

自動ドアの真ん前やから何回もドアが開くんよね。中のおばちゃんがチラチラ見ながら無視してたのは今思うとなんかおもろかったなぁ。



所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2022 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.