feed

続・三瓶山のメリーちゃん

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » 続・三瓶山のメリーちゃん

2022年9月17日

台風接近中。ちょっと今回は台風圏内の東側がここらへんを通過しそうなので警戒。

皆さんも十分にお気を付け下さいませ。

連休を楽しみにされてた方、心中お察し申し上げます。

我が家にもごっつい不機嫌なのが一人おりまして。親友と会う計画を潰されたので荒ぶっております(-_-;)


さて三瓶続編。

三瓶山の麓はキレイなんよねぇ。

ただただ広い。原っぱがドーンと広がって雄大。ホント気持ちがいい。

奥さんと息子と3人で行った時はススキがドドーンとあってキレイかったなぁ(^^)

この時は常設テントを借りたの。アレね、楽やけどちょっと・・・(汗)

大きくて広いテントやってんけど、中に丸太の椅子が何個かあって、配置を変えようと動かしたら下からなんか白い虫が(滝汗)ウワッ!?って。

テントは自前がええっすわ。

話は3人で行った時ではなくて、妹が何歳の頃やろ?まだ幼稚園やったと思うんやけど、ボク小学生の時。初めて家族4人で三瓶に行った時の事。

キャンプして翌日、じゃあ三瓶に登るかーって時にポンポン痛くなるダメ息子(汗)のせいで麓を散策して帰ろうってなって。

お土産屋さん?の前にでっかい木(なんの木か覚えてないけど)があってそこに馬がつないであんの。有料で乗っけてもらえるヤツ。おばちゃんが歩きながら引いてくれる。

妹はオヤジと一緒に乗る。

オヤジがおばちゃんに「この馬の名前は?」

おばちゃん「メリーちゃんていうんですよ(ニッコリ)」

妹も「メリーちゃんかわいい (^^) 」とか言うて。

家に帰ってからも三瓶の話題になる度に「メリーちゃん乗りたい!」って。

で、問題はボクですわ(汗)

小学校3~4年の頃?やってオフクロから「敬三も乗る?」と。

「乗らん」

「なんで?一人で乗れるじゃろ?乗ってきんさいね?」

「乗りとうない」

そのやり取りを聞いてたオヤジに「おまえ、怖いんか?ビビリじゃのう。ハッハ、ええ、ええ。乗らんでええ」とバカにされた。

ビビリやない。馬に揺られるのが問題やない。

ただ見ず知らずのおばちゃんと10分も会話するのが嫌やってん。そういうお年頃やったのよ。わかります?

馬が怖い?

は?

怖いわけないやん。

何やったら好き過ぎるやん。

メリーちゃん?知らんなぁ。

最近はちゃん付けで呼んでないけどひと昔前のダイワスカーレットちゃんやメジロドーベルちゃんはよう知ってる( ̄ー ̄)




所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2022 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.