feed

上海出張の話1

Home » 髙橋シャチョゲの独語り » 上海出張の話1

2022年5月10日

上海のロックダウンも長引いてますね。ユニフォーム業界としては結構つながりがあるので心配なとこですが。

1度ですが行ったことがあります。

かれこれ25年くらい前、とある案件で上海の縫製工場へお客様を連れて視察。

というてもその案件は先輩のMさんが担当でボク関係ない。

当時の課長に「髙橋君も一緒に行っちゃえ。お客さんのお世話係で」の一言で帯同ケテイ(^^)

お客さん2人と先輩Mさん、先輩Fさん、あと関係業者担当2人とボクの7名でいざ上海へ。

出発前に生産部から「これ渡してきて」と上海事務所のスタッフさん宛ての荷物(キャリーバッグ1個)を預かって緊張の初海外出張。

無事到着してゲートへ・・・

「あなたこっちへ」

空港職員にボクだけ別室へ誘導。ナニ言うてんのかまるでわからずめっさ怖い(鬼汗)

どうやら生産部から預かったバッグが問題らしい。「これは何や?」と。開けてみたら大量の付属品(ボタンやらファスナーやら)

見たらわかるやんと思うも説明できずマジでビビる(-_-;)

後からFさん来てくれて(この方中国語イケる人)説明、通してもらったけどホンマどーなるか思った(Fさんもっとはよ来てくださいよっ(T_T))

事務所へ向かうタクシーの中で「敬三~、なにしてんの?(ゲラゲラ)」とMさんに連行されたことをイジられ「シャレならんすよっ」と興奮冷めず言い返し。

「そんなプリプリすんなって。あとで動物園連れてったるし。ここデカイでぇ。パンダな、園内で放し飼いしとんのや」

「ホンマすか!( ゚Д゚)」

「ウソじゃボケ」

・・・(-_-;)チッ  なんか浮足立ってアホみたいなボケを信じてまうという失態・・。

実は上海から帰国した際関空でも

「お客様、ちょっとこちらへ」

とまた止められ「これは何ですか?」と。

上海事務所から社長宛に預かったお土産のでっかい包(壺って聞かされてた)に疑惑をかけられるというね。

「預かりました。ツボちゃいます?ボクよぅ知らんのです」と軽く逆ギレ説明で解放されましたけども。

行きも帰りも止められたオトコの話。


所在地 山口県下松市大手町1-4-13
TEL.0833-41-1184 FAX.0833-44-0851
営業時間:8:00〜18:30(土曜は18時迄)
定休日/日曜・祝日
Copyright2022 © タカハシ衣料株式会社 All Rights Reserved.